イマココ〜子育て主婦の育児ときどきハンドメイド〜

小1・年少の兄妹を育てる在宅ワーカー主婦のブログ。子育てやハンドメイド、悩みながら毎日を一生懸命に暮らす主婦の雑記ブログです。

やっぱりおかしい!真夏日の運動会、暑さに耐える子ども達

先日、真夏日の中で行われた息子の小学校運動会。熱射病のせいか体調が悪くなる子が出るし、救急車で運ばれるケースもありました。

その話を友達にしたところ、「うちの小学校は子どもの観覧席にも日よけのテントがあったよ。」とのこと。
→息子の小学校では子どもの座る場所には日よけも何もなく、炎天下の中で子どもは出番の無い時はそこで過ごします。

後日、義母に運動会の話をしたところ・・「私達の地域(夫の小学校)では必ずそんな状況じゃ運動会なんて危険でできないって主張する親がいるから、学校も先手を打ってきてたよ。30年前だけどテントあったね。」

色んな話を聞いていて、先日の息子の運動会はとても危険な状況の中で開催されていたような気がしました。

別に子ども観覧席にテントを張れと言ってるわけじゃない。簡単な日よけでもいい。(保冷剤を首に巻くのはオッケーだとお知らせがあったので、我が家は息子に持たせて交換していました。)

プログラムが一部短縮されたり、昼休憩時に学校が開放されたりはしましたが5時間以上の間、子ども達は炎天下で頑張っていました。

何かもっと安全に運動会を行えないのでしょうか?夫は一部負担してもいいから業務用のミスト製造機を学校側に準備してほしいと話していました。

PTAがしっかり機能している学校のような気がするのだけど、今までこういった問題は議論されてこなかったのだろうか?

頼りになる先生方も多いように見えるけど、もう少し踏み込んで対策を練ることはできなかったのだろうか??

私が声を挙げないといけないのだろうか。来年からの運動会、あんな暑さの中で同じ状況で開催されるとしたら不安でしかたがない。

これから運動会を予定されている方、準備は万全に。子ども達や自分の安全のためにしっかり暑さ対策をして楽しく運動会を過ごしてほしいです。

▽我が家の運動会に向けた暑さ対策記事。熱射病の予防グッズなど www.imacocco-teane.com