イマココ〜子育て主婦の育児ときどきハンドメイド〜

小1・年少の兄妹を育てる在宅ワーカー主婦です。育児・handmade・在宅ワークなど何でもありの雑記blogです

あまり学校生活を語らない息子の貴重な言葉

衝撃的な昨日の「息子、夜中に寝室でお〇っこ事件」。20時に就寝した息子の様子を警戒しながらブログを書いています。

www.imacocco-teane.com

息子(小学一年生)は学校での出来事をあまり話しません。

よって、彼が話す学校での出来事は彼にとって「とても重要」な事である可能性が高いのです。

息子が話した「出来事」について

「クラスの子がサッカーしようとすると、キーパーでたまに揉めるんだよ。だから、そういう時は俺は遠いゴールの方でやるんだ。」

全くこれだけでは理解ができない私。

よくよく聞いてみる。

色んな「集団」でサッカーをしている

休み時間、色々な集団でサッカーをしているそうです。まあ、そうですね。

クラスではキーパーが人気らしい

同じクラスの子で「サッカーやろうぜ、外行こうぜ。」っていうのは自然な流れですが・・キーパーやりたい子が多くて揉める時があるそうです。

「先生に言うぞーとか、そんな事になってなかなかサッカーできないんだよ。」

息子はキーパーやらなくていい

「俺はキーパー別にやりたくない。」

息子はキーパーに興味はなくてボールをたくさん蹴りたいので、キーパー志願者がいるのは有難いんだけど揉めると時間が減る。息子はサッカーを1秒でも長くやりたいわけです。

別の集団に移動する息子

時間が減ってしまうので、そんな時は息子が言うには遠くのゴール(?)らへんで別の子達とサッカーをするそうです。

他学年や別のクラスとも混じってやっているみたい。たまに公園で「おう、○○!」と呼んでくれる子がいて、息子に聞くと「〇年生の○○君。」と答えたりします。違う学年の知り合いは、だいたいサッカーを一緒にしている子。人に執着しないマイペースな息子のネットワークはサッカーで作られているのです。

珍しい息子の話しっぷりでした

100のうち2〜3を聞ければいいほうなので、息子が学校の出来事を話すのは超レア。

「明日、〇〇を持っていかなければいけない。」そういった事は話しますが、プライベートな内容はあまり話さない子です。

息子にとってすごく大事な事を聞いた気がしました。心に留めておこうと思います。

幼稚園にもサッカーをするために通っていた息子ですが、小学校へ行く目的もサッカーのようです。

早くクラスの子達が揉めない方法を見つけられますように。息子が良い案を提案できればいいのですが・・。それについても息子と話し合ってみようと思います。