イマココ〜子育て主婦の育児ときどきハンドメイド〜

小1・年少の兄妹を育てる在宅ワーカー主婦です。育児・handmade・在宅ワークなど何でもありの雑記blogです

二人目でも親子遠足はドキドキ。クラスのママさん達に話かけるコツ

今週、幼稚園年少の娘の親子遠足が終わりました!天気もよく楽しい遠足となりました。

年少の親子遠足って、親は少しドキドキしませんか?(私はします)まだ知り合いが少ないと誰とお昼食べようかなとか、そんな事を考えたりして・・。

まだクラスの結束も少ない中での親子遠足、私は息子の時からカウントすると春の親子遠足は4回目です。初めましてのママさん達に話かけてみるコツを伝授します!

春の親子遠足の目的

あくまでも私の主観ですが春の親子遠足の目的について。

  • 子ども達の親密さを高める

外遊びの開放的な雰囲気の中だと子ども達も楽しく過ごせますよね。友達と遊ぶのって楽しい!幼稚園って楽しいところだと子ども達が実感できると思います。

  • クラスの親同士の面識が少ないので、親子含めてのクラスの雰囲気を高める

普段バス通園の家庭は、徒歩通園の家庭と比べると他の家族と顔を合わせる機会が少ないと思います。我が家は徒歩通園ですが、娘が延長保育を利用しているので朝に会った人とご挨拶はするけど降園時にクラスの人と会う機会は少ないです。

普段あまり会わない人とも会える園行事のひとつが親子遠足。できれば積極的に初めましての方に声を掛けたいところですよね。

話しかけるきっかけやコツ

なんでもいいんです。とりあえず周りのママさん(パパさん)に話しかけてみましょう!

子どもから名前を聞く子どもの親には話しかけやすい

「子どもから〇〇くん、○○ちゃんの名前を聞くんです。」これは話しかけやすいパターンですね。子ども同士が一緒に遊んでいる事がお互いに分かるし、相手の方は自分の子どもの園でも様子が分かって話しかけられたら嬉しいと思います。

相手の子どもの髪型や服装にふれる

娘の園ではスモックに親がデコレーションしてOKなので、可愛い&カッコいいデコレーションをしている子どもにはついつい声をかけたくなります。私はハンドメイドが趣味なので、ママがデコしたならハンドメイドの趣味仲間も増えて話題が盛り上がるし、そうでなくてもアイデア真似しても大丈夫ですか?と雑談程度に話したりできますね。

名前を覚えられなくてと正直に話しかける

クラスの子どもの名前や親の顔を一致させるのは大変。「なかなか覚えられないんですけど、お名前聞いてもいいですか?」と素直に話しかけます。覚えるの苦手なので何度も聞いちゃったらごめんなさいって言ってもOK!

他に話しかけるコツやポイント

初めてでも何回目でも、親子遠足は保護者は多少はドキドキするもの。

  • 天気がいいですね

  • 早起きしてお弁当作りましたか?

  • 子どもは楽しく幼稚園通えてますか?

  • 確かごきょうだいいましたよね?

なんでもいいんです!とにかく話しかけてみましょう♪

話しかけられやすい人になる事もポイント

仲良しで固まってるクループには少し話かけにくいですよね。既に仲良しのお友達もいるかもしれませんが、その輪を外れてみることも大事だと思います。私はあまり固定のグループを作りたくないタイプなので、固まりすぎないように時々意識しています。フリーでいると他のママさんが話しかけてくれる事もあるので、いつも同じメンバーで固まっている方はたまに意識してみるといいかも。広く、浅くがいいと思います。

私の図々しい体験談

今年の遠足ではレジャーシートは小さめを持参。いつもは小さいサイズを二つ持っていくけど一つ見当たらなくて・・。大きいレジャーシートを持っている人がいたので、自分のレジャーシートは荷物置きにしてクラスの方のシートに一緒に座らせてもらいました。

友達とレジャーシート持って遊ぶ時もそうですが、皆でシート繋げて大きい荷物はここに置きましょう。近くに座って食べましょー!って食べると楽しいですよ。

お気に入りの遠足グッズ

▽ニコロのレジャーシート
2~3人用のレジャーシート。汚れたら中性洗剤で拭いたりしていますが、たたみやすく程よい厚みがお気に入りです。

▽おむすびラップ
キャラ弁が苦手な私の救世主、おむすびラップ。100均にも似たタイプがあります!今回の親子遠足は娘が好きなアンパンマンにしました。