イマココ〜子育て主婦の育児ときどきハンドメイド〜

小1・年少の兄妹を育てる在宅ワーカー主婦のブログ。子育てやハンドメイド、悩みながら毎日を一生懸命に暮らす主婦の雑記ブログです。

過去の派遣切りを思い出す。「リーマンショック級の・・」菅官房長官の言葉から

過去に二度延期された、消費税増税がまた延期となるのか?が世間の関心を集めていますね。

私は増税するかしないかについて、もちろん関心を持っていますが・・今回の菅官房長官のコメントに対して、過去の派遣切りを思い出し苦々しい気持ちになりました。

もう10年も前の事なのに。

菅官房長官のコメントで思い出すリーマンショック

菅官房長官のコメントで「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り引き上げる」といった言葉が出ました。

リーマン・ショック・・!!

当時勤めていたのは不動産会社

2008年のリーマン・ショックで当時勤めていた不動産会社は大打撃。私は派遣社員として勤めていました。

派遣仲間が少しずつ契約打ち切りになり、会社の売り上げも芳しくなく、社内にも重たい空気が流れていたのを思い出します。

何となく自分は大丈夫だと思っていたのに

派遣社員といえど正社員とさほど変わりなく仕事を任されていたので、私は契約を切られることはないと思っていました。仕事には一生懸命取り組んでいるつもりでした。

契約打ち切りの悔しさ

更新ができないと聞いた時、悔しくて会議室で泣きました。当時、部署にいた派遣社員は私を含めて二人。

既婚で子どもの居ない私(社歴三年半)と同じ年の女の子(私が退社する三ヶ月前に入社、都内一人暮らし)。

私(◯◯)さんは結婚していて旦那さんの収入もあるから、◇◇さんは一人暮らしでモニョモニョ・・。そういった理由を述べられた記憶があります。

与えられた仕事以上の事をしてきたつもりだったので、【私は結婚していて夫の収入があるから退職しても◇◇さんよりは困らない。】←めちゃくちゃショックで悔しかったのを覚えています。

被害妄想ですが、派遣社員としてのプライドをズタズタにされたような気持ちになりました。

ただ上司の言葉は表向きのもので、もしかしたら私の仕事のやり方が会社の希望と違ったものだったのかもしれません。

当時、すでに高度不妊治療を始めて会社にも報告していたので、子どもができたらすぐに辞めると思われていたのかもしれません。

仕事終わり、心配して会社の近くまで迎えに来てくれた夫の顔を見てまた号泣したのを覚えています。

なつかしい10年前のできごと

消費税増税延期の話題から、まさか過去の派遣切りを思い出して複雑な気持ちになりました。

派遣切りのその後、私はすぐに別の会社に就職。(これが前代未聞のとんでもないパワハラ上司のいる会社で大ハズレでした。)

派遣切りにあった会社には息子が2歳前の頃に一度だけ上司に息子の顔を見せに行っています。派遣切りにあってから三年以上は経っていました。

増税の話に戻って・・結局のところは?

ところで秋の消費税10%はどうなるんでしょうね?幼稚園の保育料も一部無償化になるはずなので・・もう消費税10%は私の中では仕方ないなと思っているのですが。

選挙の絡みもあるし、消費税上がるかな?下がるかな?なんて振り回さないでほしいものです。

それと・・今回、リーマン・ショックの事を出す必要あったのかな?余計な苦々しい記憶が思い出されて、あと数日はモヤモヤしそうです。