イマココ〜子育て主婦の育児ときどきハンドメイド〜

小1と年少の兄妹を育てる在宅ワーカー主婦の雑記ブログ。普通の家族ですが、親がひくほどサッカーが好きな息子がいます。

2020年の在宅ワーク目標月収

今週のお題「2020年の抱負」

専業主婦だった私が昨年から始めた在宅ワーク。模試添削とHP作成の簡単なお手伝いを仕事にしています。

今年の目標は、平均月3万円(手取り)。

業務委託契約は二社

大手通信教育の添削指導

一社目はおそらく誰もが一度は聞いたことのある大手通信教育の添削。

さすが大手、マニュアルも細かく安心。(最初は読みこんで習得するのが難しかった。)間違えた時のプレッシャーもかなりあるけど・・半年ほど業務をこなし、指摘があったのは最初の二回ほど。

初めは時間がかかりすぎる添削だったけれど、慣れと共にある程度は時間に見合った収入を得られるコツを掴めてきたかなー。

それでも・・慎重派な私は見直しを何度もするから最低賃金に到達していないと思います。そこのところが2020年の私の課題。

在宅ワーク支援会社

とある会社と契約して、そこが行う複数の業務に参加しています。

一つの業務を複数の人が参加して行うので、例えば家族や自分の具合が悪い時には助けてくれる人が見つかりやすいのがメリット。

示されたスケジュールとずれることもあり・・えっ、聞いてないよーと思うこともありますが。一旦受けた仕事はできるだけ責任持って進めたいと思っています。

小学生・中学生の添削も行うため、知識の再習得で息子に勉強を教えてあげられることが私にとって大きなメリットのひとつ。

HP作成のお手伝いは簡単な作業ですが、全国各地の風習やイベントから、いまの行政のことまで様々な情報に触れるので面白いです。

在宅ワークの収入の使い道は?

私は若い頃から父親の影響で少しばかり投資に興味があって、社会人になったら必ず株を買おうと思い20代前半から株式投資を始めました。

最近は放置状態の株式ですが、在宅ワークの収入は株式投資にも使いたいなと思っています。

基本的に中期〜長期保有でなるべくリスクが少ない慎重派。。

昨年は投資信託の積立を始め、毎月ほんのわずかな額ですが積立をするようになりました。

投資信託においては、はてなブロガーさんの記事を大変参考にしております!

在宅ワーク、夫や子どもの理解は?

繁忙期に土日(夫は仕事休み)に仕事をする時もあるのですが、今のところ夫からの苦情はなく・・。

ありがたいことに夫の収入でも普段の暮らしはできるので、子どもが小さいのに無理してやらなくてもいいと思っているのかもしれません。そこはちょっと分からないけど。

子どもは・・私が家で仕事をする時は構ってあげられないこともあるので、多少なりとも不満を持っていると思います。

公園遊びや外に連れ出したりは、かなりしているとは思うのですが。「ママ仕事ある?」と聞かれるたびにズキズキします。

私はやりたいから在宅ワークを続ける

2020年も在宅ワークは続けていきます。在宅ワークというとクラウドワークスやランサーズなども聞きますが、試してみたいような何となく雇用契約がはっきりしないから怖いような・・。

試してみたいけど、正直いまは受けてる仕事でいっぱいいっぱい。

昨年はわけも分からない状態からはじめ、今年は少し慣れた状態から。目標月収は多分クリアできるだろうとは思いますが、子どもとの時間をなるべく確保しつつ仕事を進めていきたいなと思っています。

ハンドメイドの時間が取れたらなお良し!!娘の洋服とか作りたいです・・気にいる服がないようだから、いっそのこと娘の意見を取り入れて作った方がよいような気がして。。

幼稚園や小学生グッズ、入園入学グッズの販売もしていきたい願望も強し。

ネットの収入は?

アフィリエイトサイトも登録していますが、私が、使いこなせていないせいで全くのダメダメ。せっかくGoogleアドセンスも合格したのになー。。

そういえば12月頭にGoogleアドセンスのPINコードが発送されたと連絡が来たのですが・・まだ到着しません。振り込みされる金額には到底到達していませんが、PINコードが来ないことには何も始まらないのでここは解決するべきですね。

以上、2020年の在宅ワークの目標は平均月3万円の報酬です、という記事でした。