イマココ〜子育て主婦の育児ときどきハンドメイド〜

小1・年少の兄妹を育てる在宅ワーカー主婦です。育児・handmade・在宅ワークなど何でもありの雑記blogです

【寝る子は育つ?】我が家の小学一年生の就寝時間の記録(2019.5.13〜)

一週間ごとに記録している小学一年生の息子の就寝時間です。

息子が幼稚園の頃は18時半〜19時に就寝するという生活を続けていました。

▽記録をつけようと思った経緯はコチラ www.imacocco-teane.com

  • 月曜〜日曜までの一週間ごと
  • 基本的に小学一年生息子の就寝時間(幼稚園の娘は息子とほぼ同じリズムのため、カウントせず)
  • 起床時間は5時〜6時の間

5月13日(月)〜就寝時間

◼️5/13(月)20時30分
◼️5/14(火)19時00分
◼️5/15(水)18時50分
◼️5/16(木)20時00分
◼️5/17(金)20時00分
◼️5/18(土)20時30分
◼️5/19(日)20時00分

一週間の感想

水曜日は習い事がないので、子ども達は19時前には布団に入っていました。こんな日は息子が幼稚園時代を思い出す・・・。

19時に寝ると大抵、次の日の起床は5時頃。10時間睡眠を取れていることになります。本当は6時くらいまで寝ていてほしいけどね。

月曜は学校の課外活動→サッカー→帰宅後に宿題だったので遅くなりました。課外活動のある日は帰宅後のスムーズな行動が早寝の鍵だなと学んだ次第です。

どうすれば子どもがテキパキ動いてくれるか?何をやるにも行動が遅く困っている親は多いと思います。うちだって子どもがグズグズして物事が進まないと、せっかちな私はすぐイライラして怒ったり怒鳴ったりしてしまいます。

子どもがテキパキ動くコツは、習慣づけなぜそれをするのか目的をはっきりさせること。

我が家では早く寝かせるために夕食から就寝までの一連の段取りを習慣づける努力をかなりしていたので、ある程度は子どもの体にもテキパキ動く習慣が身についてるのかなと思います。(娘については、なかなか難しく苦戦中)